体力の限界を克服するための工夫(看護師編)

看護師の仕事は体への負担が多い傾向が強いと言われています。そのため、体力の限界を感じて転職するケースも見られます。しかし女性だからと言って、必ずしも体力面で仕事がこなせないというわけではありません。実際に女性であっても、看護師として長く働き続けている人たちは大勢います。

女性の仕事の中でも体力が必要な看護師の仕事は、省力化で体力の限界を克服することができます。大切であるのはいかに体力を節約して必要な仕事をこなすかという事です。力任せに作業したとしても、無駄に体力を消耗するばかりです。力の入れ方や姿勢を多少工夫するだけでも、無駄な体力の消費を抑える効果が生まれるので、自分なりに工夫をしてみましょう。

長く看護師の仕事を続けている女性は、これまで経験してきた仕事を通じて、体力を消耗させないようなノウハウを身に付けているものです。それらは自ら試行錯誤をしないと身に付けられないことも多々あります。もし看護の仕事をしていて体力に限界を感じるようであれば、これまでの仕事内容を振り返ってみて、無駄に体力を消耗していないかどうかをまず確認してみましょう。もしかすると、体力に限界を感じさせている要因を見つけ出す手掛かりが得られるかもしれません。

加えて、普段から基本的な体力を磨く運動などの取り組みをこまめに行うこともおすすめします。体力のボトムアップを図ると、疲れを感じにくくなるだけでなく、健康面でも好影響が期待できます。また、周りに体力に限界を感じている同僚がいる場合には、上手に体力の消耗を抑えて仕事をこなすノウハウを教え合うのも良いでしょう。