女性が活躍する看護業界の実情

看護師という職種は、男性看護師が増える中にあっても、その多くを女性が占める代表的な仕事の1つです。そのため、看護業界では、以前から女性特有のライフステージの転機に応じた柔軟な転職が珍しくなく、他の業種に比べ職場を変わることへのハードルがかなり低くなっています。その背景には主に3つの理由あると言われています。

まず1つ目には、地位的に看護免許は基本的に1度取得すれば生涯有効であり、また国家資格であるため、日本全国が活躍の場となることが挙げられます。そして2つ目には、看護師である以前に女性であるため、出産や育児、身体的変調等の変化により、その多くが2交代や3交代制の病院での勤務に大きな負担を感じやすくなるという点があります。また3つ目には、どの病院もキャリアのある人材は貴重である点から、看護部に相談すれば、個々の状況に応じて院内の他の部署や系列の医療施設への異動が行いやすいということが挙げられます。

さらに、全く異なる医療施設の場合でも求人数が豊富にあるため、転職のチャンスが幾らでもあるということも要因になっています。そのため、ライフステージの変化以外にも、体力に限界を感じている看護師にとっても、看護技術と経験、そして気力があれば、活躍の場は見つけやすいのです。

しかも、看護求人の殆どが即戦力を求めることから、年齢に関わらず実力次第でより良い労働条件の職場が得られることもポイントでしょう。看護師はハードな仕事だからこそ、自分の要望や体力に合った職場を探すということは、ある意味当然のことなのかもしれません。