資格を活かし、体力を考慮して仕事を選ぼう!

仕事を探しやすく安定して働ける看護師は魅力的であり、将来を考えて資格を取得する人は大勢います。そして、看護師の資格を取得したからには、それを活かせる仕事をしていきたいと考えるのはもっともなことでしょう。

しかし、医療や介護といった看護師の典型的な職場は、女性の仕事としては体力の負担が大きく、結婚してからもずっと働き続けたいと考えていた人も、限界を感じて挫折してしまうことがよくあります。資格を活かしたいと考えると、「医療や介護業界で働くしかない」と考えてしまいがちですが、看護師の仕事はこの2つの業界に限られるわけではありません。

広い視野を持って仕事を探すと、企業で働くという道も見えてくるでしょう。企業で働くと夜勤がなく、残業も少ない職場が多いことから、体力の限界を感じるような場面に遭遇する可能性は、医療や介護の現場に比べると低くなります。また、女性の仕事として重宝される健康相談員やコールセンターなどの仕事もあるので、活躍の場は意外と多いと言えます。

さらに、医療や介護にこだわりがある場合は、仕事の負担を軽減するために非常勤で働くという考え方もあります。毎日フルタイムで働き続けるのは体力的に大変ですが、週に数日といった勤務や、時短労動であれば、無理なく続けていくことができるでしょう。体力に限界を感じたときは。ワークスタイルから変えてみるというのは良い考え方です。看護師の資格を活かした働き方は1つではありませんので、自分の体力や興味と相談して、最良の決断をするように心がけましょう。